へら絞りのことなら今野絞製作所にお任せ下さい

サイトマップ
へら絞りに信頼のある町工場

へら絞りのことなら今野絞製作所にお尋ね下さい

へら絞り一筋 社長の今野貴之です

取締役社長 今野貴之

社長の今野貴之です。
私がへら絞りをはじめて、20年以上になりました。
へら絞りへの熱意と技術力でお客様のニーズにお答えできるように
これからも努力を続けていきます!
へら絞りのことなら私たちにお任せください。

へら絞りの日々是精進

SUS304 1.0tのへら絞り 【 工場日誌

SUS304 1.0tのへら絞りです。130ΦH106あります。
ステンレスのへら絞りでは深さが100を超えるとちょっと大変です。
今回は10個注文を頂いております。この製品は金型と樹脂型の二つを使いまして絞っています。
BOURU1.jpg


夏季休業のお知らせ 【 お知らせ


  誠に勝手ながら、夏季休業は下記の通りとさせていただきます。

  何かとご迷惑をお掛けする事と存じますが、ご了承くださいますよう

  お願い申し上げます。


 


 

令和288()816()まで

 

 


アルミ深絞り 【 工場日誌

アルミ1.5t 140Φ×300hのへら絞り品です。これは、屋外に設置される加熱式たばこの灰皿の受けになります。上部内側に金具をリベットで止めます。
300ミリ深さがありますので、アルミ板が薄くならなくするため最初から金型で絞らず大き目の木型で粗絞りをしています。どうしても直接金型で絞ると板が薄くなってしまいます。
また全長が長くテーパーが付いていますので、仕上げで頭が出てこないようにしなければなりません。


arumi300h.jpg

雨量計のへら絞り 【 工場日誌

弊社でご依頼を受けて製作している雨量計の部品があります。
それはSUS304で作られてる胴筒とアルミでへら絞りで製作された漏斗があります。
写真の物が漏斗です。
これは約200Φです。
写真のものは向きが上下逆さまに使いまして、先端が斜めにカットされておりまして、雨水が上手く流れるようになっています。
この斜めカットをどのようにするかと申しますと弊社では旋盤でカットしております。
旋盤でどうカットするかは工夫次第です。
雨量計の部品は毎月100台注文を頂いておりまして、非常に助かっております。
ro-to1.jpg


へら絞りの東京町工場